動脈硬化改善

動脈硬化を食事で予防・改善しよう

動脈硬化の原因は食事を中心とした生活習慣といわれます。
動脈硬化の予防と改善という観点から見た場合、食事で注意するのは脂肪やコレステロールの多い食材を避けることと、血液をサラサラにするといわれる食材をより多く取り入れることです。
ではどのようなことに気をつけるべきかというと、内臓脂肪型の肥満にならないようにすることと、血液中の脂質が増えすぎる【脂質異常症】にならないようにすべきです。
他にも高血圧や高血糖という状態も危険信号であり、共通するのは全て血液の状態を改善すべきであるということです。
そのため、動脈硬化の予防改善には血液の状態を健康にする食事が主な方法となります。
目指すは『サラサラな血液』です。

 

血液中のコレステロールと中性脂肪を減らすことが大切

血液中には脂質といわれるコレステロールと中性脂肪があります。
コレステロールは細胞膜を作るはたらきや栄養分の分解、栄養を吸収する胆汁酸の原材料となるなどの役割があって体には欠かせない成分です。
コレステロールには2種類あって、体の隅々からコレステロールを集めてくる善玉コレステロールと、体内に広める悪玉コレステロールがあります。
2つのコレステロールがバランスよく保たれているのが健康な状態ですが、善玉コレステロールが減ったり、悪玉コレステロールが増えたりすると動脈硬化を進行させる要因となります。

 

悪玉コレステロールを減らす食事

悪玉コレステロールを減らすためにはオメガ【3脂肪酸】といわれる成分を積極的に取り入れる必要があります。
オメガ3とは体内で生成することができない必須脂肪酸のうちの限られた成分です。
オメガ3脂肪酸はえごま油、シソ油、亜麻仁油、くるみ、青魚、緑黄色野菜、豆類などに含まれていますが、油などは酸化しない新鮮な状態で食べたりしないといけません。
あとは食物繊維が豊富な野菜中心の食事であり、豆腐や豆の煮物などの純和風な食事内容が理想的といえます。
食事だけではなかなか難しい方は青魚のDHAやEPAのサプリメントで取り入れることも可能です。

 

コレステロールが多い食事とは?

既にコレステロール値が高いと診断された方はコレステロールを多く含む食材は極力食べないようにするのが理想です。
また食材自体にはコレステロールを多く含まないが、体内でコレステロールを大量生成してしまう食材もあるので注意が必要です。

 

コレステロールが多い食材

たまご、魚の卵(イクラ・すじこ・たらこ)、鶏肉レバー、ししゃも、うなぎの蒲焼、バター、生クリームなど。