動脈硬化改善

動脈硬化を発見する検査

動脈硬化はその進行に自覚症状が見られないことが多いため『サイレントキラー』と呼ばれて恐れられる症状です。
そのため気がついた時には動脈硬化が原因となる心筋梗塞や脳卒中などの症状が発症してしてしまうことが多いのです。
動脈硬化を発見するには自身の食生活や生活習慣を見つめて少しでも心当たりのある時は検査を受けることが重要です。
動脈硬化症の可能性がある場合に行う初期の検査にはCAVI(キャビィ)検査という検査があります。

 

CAVI(キャビィ)検査

CAVI(キャビィ)検査では【動脈の硬さ】、【動脈の詰まり】、【血管年齢】を測定することで動脈硬化の可能性を判断します。
CAVI(キャビィ)検査の優れている点は非常に簡単に短時間で検査が出来る点です。
検査方法は、あお向けに寝た状態で両腕・両足首の血圧と脈波を測定するだけです。時間にして5分程度しかかかりません。
検査結果はすぐに出るので検査後すぐに医師の診断が受けられるので、万が一動脈硬化と診断された時でもすぐに改善に向けた治療計画をたてることが出来ます。

 

動脈の硬さ

動脈の硬さを示すのがCAVIです。健康な動脈は心臓と同じように血液を送り出す役目もしていて、血圧の変化に対してしなやかに膨らんだりしぼんだりします。
この時の変化の数値をみることで動脈の硬さを診断します。
CAVIの数値が高いほど動脈硬化が進んでいる可能性が高いと言われていて、『9.0』以上の場合で約半数が動脈硬化症を発症しているという研究結果があります。

 

動脈の詰まり

動脈硬化を発症している人は足の痛みを訴える方が多いのですが、これは足の動脈の詰まりが原因と言われています。
足の動脈の詰まりを表す【ABI(エービーアイ)】は、横になった状態での『足首の血圧』と『腕の血圧』の割り合いで診断し、値が0.9以下だと血管が詰まっている可能性が高くなります。
健康な人の場合は足首の血圧の方が腕の血圧より高くなります。

 

血管年齢

健康な人のCAVI平均値と比べることで診断するのが血管年齢です。
実年齢より血管年齢が高齢だと血管の老化が深刻な状況であると認識するべきです。

 

 

その他の動脈硬化の検査

動脈硬化が疑われる人向けの検査としては血圧検査や血液検査が一般的です。
血圧は当然適正値付近が望ましく、高血圧の人は動脈硬化の予備軍の可能性が高いといえます。
血液検査では脂質異常症や糖尿病などを発見できます。
特定部位の動脈硬化を調べるには超音波検査、MRI、X線CTなどの画像検査が最適です。